【第5話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~

義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ

前回(4話)はコチラからどうぞ!

↓↓

【4話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~
前回(3話)はコチラからどうぞ! ↓↓ 【4話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ 義母の私へのイビリはこれだけに 収まることは無かった。 他にも、近所のママ友によると、義母は近所の人に 私のありもし...
スポンサーリンク

【第5話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ

いつもの様に夫の手伝いをしていると
奥の部屋からのそっと義母が現れた。

私👩
「お義母さん…おはようございます。」

義母👽
「おはよう、典子さん。今日は天気が悪いわね。
それにしてもあなた…
いつまでここにいるつもり?」

私👩「は?」

 

義母👽
「だってそうでしょう?うちの店を手伝ってくれるのは
ありがたいけど、あなたは所詮、他人だものね。
どうせ息子のお金目当てでウチに来たのだろうけど
迷惑だから早く出てって欲しいのよ。」

私😅
(他人って…!なんであんたにそんなこと
言われなきゃいけないの!確かに義母とは血の繋がりは
無いけど、夫の嫁として本気でお店のために
頑張ってるっての!!!💢)

私👩
「あの…お義母さん、他人扱いするのは、流石に
ひどすぎませんか?」

 

嫁として嫌われているのは理解してる。
それでも、少しでも関係を良くしようとして
努力してたつもり。

だけどここにきて他人扱いは、その努力をあざ
笑われたような気分になった。

義母👽
「だって他人というのは事実でしょ?いつまでも
息子の周りでウロウロされるのはウザいのよね。
そのあたり、ちゃんと理解してます?」

そう言って、義母はまた店の奥に戻っていった。

 

確かに、義母にとって嫁いできた私は
タダの他人なのかもしれない。

とはいえ、同じ屋根の下で毎日、お店と夫を
サポートしようと頑張っているのに、自分だけ家族と
受け入れられず、「他人」として扱われることに
悲しさや悔しさがこみあげてきた。

私👩
(いや…こうやって私を怒らせようとしてるんだ…
ここで口論になったら思うツボだ…でも…)

私はその場では我慢し、何も言い返さず、
グッと堪えてトイレで泣いた。

 

今回の事でようやく気持ちの整理がついた。

義母は徹底的にお店から、そして家族という
枠組みから私を追い出したいみたい。
そう思いたくなくて考えないようにしてたけど
今回のことでハッキリと認識できた。

けど、流石にこの仕打ちは耐えられない。

私👩(次に義母に酷い仕打ちを受けた時には、
録音して証拠を記録して、夫に相談しよう..)

そう決意し、購入した録音機器を懐に忍ばせた。

 

そんなある日。

私は夫の負担を少しでも減らしたいと思いから、
和菓子作りについて、夫から教わっていた。

要領が分かってきた私に、夫がポツリと呟いた。

夫👦「そろそろ、本番に行こうか」

私👩「本番?」

 

夫👦
「今までは俺が商品を全て考えてきたが、
違う観点の新商品を出して、店に新しい風を
吹かせたい。典子が、新しい商品を
考えてくれないか?」

私👩「ほんとに?いいの?」

夫👦
「あぁ。典子なら出来る。1ヶ月後に、
母さんと俺で試食会を開くから、
試作品はいくつ出してくれても構わないよ」

 

私👩
(….お義母さんも参加か💦)

義母も参加という事で、私は一気に肩の荷が重くなった
気がした。いっそこのタイミングで喋ってしまおうか…

夫👦「どうした?」

私👩「あっ…いや、大丈夫。すこし緊張しただけ」

夫👦
「大丈夫。何かあったら相談してくれ」
フワッと向けられ笑みに、私は一つ頷いた。

 

私😢
(こういう時に切り出すことができないのが
私の悪いところなんだよなぁ…💦いや…気持ちを
切り替えて!夫がくれたせっかくのチャンスだ…)

私👩「じゃあ、頑張るね!」
夫👦「あぁ」

その日から、私は夜な夜な厨房で一人、
和菓子作りに励んだ。

しかし、この『試食会』がまさかあんな事態に
発展するとは…

スポンサーリンク

【6話】続きは…

続きはこちら↓からどうぞ✨

【第6話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~
前回(5話)はコチラからどうぞ! ↓↓ 【第6話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ その日から、私は夜な夜な厨房で一人、 和菓子作りに励んだ。 一ヶ月後、見た目が歪な様々な 試作品が机に並べ...
タイトルとURLをコピーしました