【4話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~

義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ

前回(3話)はコチラからどうぞ!

↓↓

【3話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~
前回(2話)はコチラからどうぞ! ↓↓ 【3話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ 義母👽 「なんです?小学生でもできる陳列も 儘ならない貴女が悪いんでしょう? もう良いわ、私がやります」...
スポンサーリンク

【4話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ

義母の私へのイビリはこれだけに
収まることは無かった。

他にも、近所のママ友によると、義母は近所の人に
私のありもしない悪口を言いふらしている様子。

義母👽
「うちの息子のお嫁さんは、まともな料理をしてな
くてね…。毎日デリバリーばかり頼んで、手料理
なんて滅多にしないの。健康にも悪いし、私が
作ってるんだけど、私が亡くなった後が心配だわ」

 

私👩
(はぁ!?💢デリバリーなんて毎日してたら、
家計が火の車になるわ!
毎日作ってるのに料理を手伝いもせずに
一人寛いでるのは義母の方でしょ?)

そんなありもしない義母の戯言のせいで、
近所の方は店に来ても、私と目を合わせよう
ともしなかった。

夫に相談しようにも、変な迷惑をかけるのも
申し訳ない…私が我慢をすれば良いのだ。

 

そして、ある休日のこと。
その日は夫が友人と飲みに出掛けており、
私は一人家で寛いでいた。

時刻は20時、家のチャイムが鳴り響き、
出て行くと義母が佇んでいた。

私👩
(なんでこうやって連絡も無しに
いきなり来るのかなぁ…)

私👩
「どうなさったんですか?」

 

義母👽
「あぁ典子さん、少し相談があるの。
上がっても良いかしら?」

私😅
(うわ…💦ぜったいヤバいやつだ…)

正直、嫌な予感がした。
義母が私に頼みごとをするなんて、これまでに
ロクなことが無かった。

私👩
「ど…どうぞ」

 

私がドアを開けると、義母はニコッと笑うと
サッサと私の横を通り、一人リビングのソファに
ドカッと座った。

義母👽
「実はね、典子さんにしか頼めない
お願いがあるのよ…」

私👩
「頼み、ですか」

義母👽
「そう。少し、お金をくれないかしら」

 

私😅
(いやいやいや、いきなり押し掛けてきて
お金をくれって普通に意味わからないから💢
私じゃなくて夫に言ってよ!断りづらいなぁ…)

私👩 「え…お金ですか」

義母👽
「たまに行く旅行代金くらいいじゃない。
何も毎月行ってるわけじゃないし、初めてなのよ」

私👩
「ですが、うちも裕福なわけじゃないですし…」

 

義母👽
「そう…。私は息子の店のために
頑張ってるのに、貴女は生い先の短い私の
お願いも叶えてくれないのね」

私😅
(私だって夫のために頑張ってるわ💢
お金なんて無理ですって言いたい…けど、
関係を悪くするのも嫌だなぁ…)

私👩
「…わかりました。おいくらですか」
一つ折れた私は値段を聞いた。

 

義母👽
「30万円お願いできるかしら」

私👩「さ、30!?」

義母👽
「息子にバレないようにね。
じゃあ、この口座に振り込んでおいて」

私👩「ちょっ」

義母👽
「お願いね」

 

私😲
(この人、正気か?しかも息子にバレない
ようにって…夫からもいくらか貰ってたり
するのかな…)

義母は私の言葉に聞く耳も持たず去っていった。
私は自身の口座を見て、一つため息をついた。

そして、義母はその後も
小さな金額を要求して来たのだった。

 

スポンサーリンク

【5話】続きは…

続きはこちら↓からどうぞ✨

【第5話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~
前回(4話)はコチラからどうぞ! ↓↓ 【第5話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ いつもの様に夫の手伝いをしていると 奥の部屋からのそっと義母が現れた。 私👩 「お義母さん...お...
タイトルとURLをコピーしました