【3話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~

義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ

前回(2話)はコチラからどうぞ!

↓↓

【2話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ~老舗和菓子屋の意地悪な義母~
前回(1話)はコチラからどうぞ! ↓↓ 【2話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ 男性👦 「これ、水、よかったら」 差し出されたら水を、 私はありがたく受け取った。 私&#x1...
スポンサーリンク

【3話】義母の楽しみはお菓子作りが苦手な私への嫌がらせ

義母👽
「なんです?小学生でもできる陳列も
儘ならない貴女が悪いんでしょう?
もう良いわ、私がやります」

私👩(え…なんで綺麗に並べられているのに、
また1から並べ直しさせるの?)

私👩「え、あの…」

義母は私からどら焼きを奪い取り陳列を始めると、
夫が厨房から顔を覗かせた。

 

夫👦「どうした?」

義母👽
「なにもないわよ。典子さんがどら焼きの
陳列の仕方がわからないって仰ったのよ。
けど、陳列なんて私がやるから、
典子さんはゆっくりしててくださいね」

私👩
(え!?陳列の仕方が分からないなんて言って
ないし、ゆっくりしててなんて….💦)

 

さっきと言ってることが正反対になるのは
夫が現れたからだ。

そう、義母は、夫の前ではいい顔をして、夫が
いない所では私に嫌がらせをするような人
なのだ。

私👩
(義母は陰で私をイビりつつ夫に良い顔を
するんだよね…厳しくするのは分かるけど、
もう少し普通に接してほしいな…💦)

 

例えば、ある日の厨房での出来事。

夫👦
「俺は少し席を外すから、どら焼きに韻を
押しておいてくれるか?」

どら焼きの真ん中に、店の名前の韻を押す作業を
任された私は、厨房で一人、黙々と作業を
進めていた。

義母👽
「典子さん、お疲れ様ですね」

 

私👩
「あ、お疲れ様です」

義母👽
「あら、韻を押してくださってるんですか」

義母はマジマジとどら焼きを見つめると、
そっと一つのどら焼きを手に取った。

義母👽
「ちょっと…なんなんですかこれは…。
韻がずれてるわ。韻のズレはお店の質に関わるから
少しのズレも許さないって言ったわよね?」

 

私👩
(え…?以前に夫と義母に韻を押す作業を教えて
もらった時、多少のズレは許容範囲と
言っていたけど…💦)

それに、並べられているどら焼きの韻は、
私の素人目で見てもズレてるように思えない。

義母👽
「こんなの店で売れないから、
貴女が買い取ってくださいね」

 

私👩
「そんなっ…どう見ても
ズレてるように見えないんですが…、もしズレて
るというのなら、何処がどのようにずれているの
か教えてもらえませんか💦」

義母👽
「は?私の目がおかしいとでも仰るんですか?」

私👩「いえ、そんなことは…」

 

義母👽
「私は貴女と違って十年以上店を支えてるんです。
そんな私の言うことが聞けないんですか?」

私👩
(言うコトが聞けないなんて言ってない
んだけどな💦)

私👩「…そういうことではないんですけど…」

義母👽
「なら、変な反抗なんてしないでもらえますか?
貴女は私の言う通りにすればいいのよ」

 

私👩
「すいません…以後気をつけます」

こんな風に、私はほぼ毎日、夫が居ない所で
変ないちゃもんをつけられてしまう。

一言い返したら十の反論が返ってくるのだ。

しかし、お店に関わる事であれば、花嫁修業と
考えてある程度は許容できた。けれど、義母の
私へのイビリはこれだけに収まることは無かった。

タイトルとURLをコピーしました