ロジャー「寿命が近い」あの言葉や不治の病にかかった理由について調査

ワンピース

ワンピース965話にて、ロジャー海賊団と白ひげ海賊団が衝突する様子が描かれていました。

今回のストーリーで、最後にロジャーが語った言葉に

おれももう寿命が近い

お前と会うのも最後かもしれねぇな、”白ひげ”!

というものでしたが、

寿命が近いというあの言葉の意味が気になりますね。

 

ゴールドロジャーは旅の途中で不治の病に侵され、寿命は残り僅か。

しかし、最後は病気ではなく自首し、その生涯を終えます。

 

ロジャーの寿命が近いという言葉にはどんな意味があったのか。

考察していきます。

 

スポンサーリンク

ロジャー「寿命が近い」あの言葉の意味を考察!

ゴールドロジャーが亡くなったのは24年前とされています。

去年53歳であり、自ら自首し、ローグタウンにて処刑されました。

 

今回のワンピース965話にてゴールドロジャーが「寿命が近い」と話していた時期は

光月おでんがワノ国から出て4年後の事ですから、今から26年前となります。

 

ゴールドロジャーは不治の病に侵されていたとされています。

しかし、ゴールドロジャーの最後は自首し、処刑によってその生涯を終えました。

 

 

そのため、具体的に病気による寿命がどれだけ残っていたのかは

定かではありません。

 

もし、ゴールドロジャーの病による寿命も処刑された日から数日だったとしたならば、

自らの寿命についても正確に把握していたことになりますね。

 

この「寿命が近い」の発言は光月おでんと出会う前の話であるため、

天月トキのトキトキの実による予言によって予測できたものとは異なるようですね。

404 NOT FOUND | バズマンガplus

 

スポンサーリンク

ゴールドロジャーは不治の病の病気だった

ロジャーの病気については明らかとなっていませんが、

不治の病でに侵されていたことは確かな様子。

 

 

ロジャーの船には双子岬の灯台守であるクロッカスが船医として同乗していました。

クロッカスだけがその苦しみを和らげる腕を持っていたとされています。

 

少しでもロジャーの苦しみを和らげるために

ロジャーの”最後の航海”に船医として付き添っていた…とレイリーの言葉にありましたね。

 

寿命ということを考えるならば、ビッグマムのソルソルの実のような能力によって、寿命を奪われたのでは?とも考えられました。

しかし、ロジャーに関しては”病気”による寿命が決まってしまったとのこと。

”病気”というのが果たして本当なのかは不明です。

 

ここで気になるのは、

ゴールドロジャーがなぜ不治の病にかかってしまったのか?です。

 

原因として考えられることについてまとめていきましょう。

スポンサーリンク

ロジャー不治の病の理由:寿命をすり減らすような能力?

ゴールドロジャーの能力は今だ明らかになっていません。

しかし、当時のロックスや白ひげ、カイドウやビッグマムよりも賞金が高いことから、相当な実力を持ち合わせていたことは確かです。

 

そもそも悪魔の実を食べていたかどうかも不明のまま。

現在分かっているゴールドロジャーの能力は”万物の声を聞くことができた”ことのみ。

 

 

果たしてこの能力がどのような意味を示すのか。

 

ロジャーの寿命と関連付けるならば、その能力を使用することが

寿命をすり減らすことだったのかもしれません。

 

以前に、エニエスロビーのルフィはギア2を使用することが

寿命を縮めることに繋がっていたように思います。

(今はどうなっているんでしょうか…)

 

ロジャーも同様、そういった能力を酷使しすぎた結果、

不治の病を背負ってしまったのかもしれません。

 

 ⇒カイドウ 悪魔の実の能力はリュウリュウの実?最強生物で人間じゃない?

 

スポンサーリンク

ロジャー不治の病の理由:Dの一族の魂の量は決まっている

今だに解明されていないDの一族の謎。

 

何のために生まれたのか、そしてDの意思とは何を意味するのか。

なぜ敵と思える人物にもDの名を宿す人物が存在するのか。

 

まだまだ不明なところが多いですが、

一説ではDの一族の魂の量は決まっているとの話もあります。

 

 

Dの一族の間には魂の量が決まっており、

新たなDの一族が生まれ、成長するたびに、その一族の魂は分け与えられてしまう。

 

レイリーは不治の病として語られていましたが

実際はDの一族の生まれながらの呪いだったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ロジャー不治の病の理由:ラフテルにたどり着いた者がかかる病?

次に考えられるのは、ラフテルにたどり着いた者のみにふりかかる病です。

現在のワンピースの歴史上、ラフテルにたどり着いたのは

海賊王ゴールドロジャーの一団のみ。

 

ラフテルにたどり着き、世界の歴史や” ひとつなぎの大秘宝 ”を見つけてしまったことによってそのリスクを背負ってしまった…

 

このような話もありますが、これはガセとなります。

ロジャーが不治の病にかかったのはラフテルにたどり着く前の話

 

ポーネグリフをたどり、ラフテルにたどり着くまでの過程において、

不治の病を背負ってしまったということになります。

 

 

スポンサーリンク

ロジャー不治の病の理由:ヒルルクのような不治の病

チョッパーの故郷であるドラム王国では、Dr.ヒルルクが不治の病でしたよね。

 

Dr.ヒルルクはDr.くれはの治療によって、寿命を延ばしていましたが、

その病を完治させるような薬は無く、壮絶なる最期を遂げました。

 

これと同じように、ワンピースの世界では何らかのきっかけによって

不治の病に侵されることがあるのだと思われます。

 

このドラム王国とチョッパーに関しては

今後のストーリーに大きく関わってくるように感じます。

 

チョッパーが医者になった理由はヒルルクの死によって

以下のように宣言していました

おれが万能薬になるんだ!

なんでも治せる医者になるんだ!

だって…だってこの世に治せない病気はないんだから!

 

おそらくはルフィも海賊王を目指すことによって

ロジャーと同様に、不治の病に侵されるような道を辿ることになるのかもしれません。

 

このルフィの病を治すことがチョッパーの船医としての

最大の目的になるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

ロジャーの時系列について整理

さて、ここでいろいろと年代についてゴチャゴチャしてきてしまったので、

一度整理してみましょう。

 

まず、28年前にロジャーは不治の病にかかります。

その2年後、26年前に白ひげや光月おでんと出会います。(←イマココ)

翌年の25年前に”偉大なる航路”の制覇を成し遂げました。

そして、翌年の24年前にロジャーが自主、ローグタウンにて処刑される出来事が起こりましたね。

 

ちなみに、ロジャーがルージュと出会ったのは

”偉大なる航路”を制覇してから自首するまでの間のようですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ロジャーは万物の声を聞けたことから、自分自身の余命についても

知ることができたのかもしれませんね。

 

ロジャーの能力の謎が解ければ、少しはロジャーがどのような病気でどのような症状に苦しんでいたのかが分かるかもしれません。

 

今後の新しい情報に期待したいと思います。

コメントはこちら

ワンピース

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました