【ワンピース】ワノ国こけし考察!ポーネグリフと同じ強固な扉の地下室に収納されている理由は?

ワンピース

ワンピースのワノ国での謎の一つに、”こけし”がありますよね。

まだ大きくは描かれていませんが、ポーネグリフと同じ強固な扉の地下室に収納されているとされています。

また、天狗山飛徹美少女こけしコレクターというのも気になるところ。

ワノ国のこけしが今後どのように関わってくるのか、考察していきます。

 

スポンサーリンク

ブルックが見つけたワノ国のポーネグリフ

オロチがいる花の都に潜入した際、ブルックはポーネグリフを探していました。

その際、地下室にテャマスィーの状態で地下室を覗いたところ、ポーネグリフがあったとされています。

その場所は強固な扉と封じられていたようで、テャマスィーの状態でしか見ることはできなかったため、写しを取ることはできなかったとされています。

 

その時に話していたこととして、【木彫りの人形が並ぶ変な部屋でした】ということ。

ブルック
ブルック

テャマスィーの状態で覗いた強固な扉の地下室にありまして、木彫りの人形が並ぶ変な部屋でした

これに対して、しのぶちゃんの発言が【ん?こけし?】としています。

この発言は何らかの匂わせであるように思いますが、ブルックの【木彫りの人形】から”こけし”なのではと推測したのでしょうね。

 

スポンサーリンク

こけしがポーネグリフと共に祀られている理由とは?

こけしがポーネグリフと共に収納されていた理由は何なのか。

 

ポーネグリフはこれまでに発見されていた場所を考えると

アラバスタは地下聖殿、空島は大鐘楼に、魚人島では神聖な海の森。

これまで見つかったポーネグリフは

それぞれが”聖なる場所”と思われるところに位置されていましたよね。

 

となると、今回のワノ国のポーネグリフが見つかった場所に関しても

何かしら神聖な領域であるように思います。

 

ワノ国で言えば、”こけし”がそれにあたりそうですよね。

門外不出の大切なモノとして、こけしがあり、

それと共にポーネグリフが祀られていた…という感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

天狗山飛徹が美少女こけしコレクター?

そして、現在伏線として登場しているのが、まだ正体不明の人物、天狗山飛徹。

刀鍛冶であり、美少女”こけし”コレクターとして紹介されています。

 

ツッコミどころ満載の肩書ですが、こけしについて何らかの知識は持っていそうですよね。

美少女というところから日本のオタク文化を表しているようにも感じますし。

 

そのうえで、空島の住人の様に背には羽を付けており、

【長く人を待っている】としています。

 

955話”閻魔”にて再登場した時には、

20年の間、光月おでんの刀をモモの助と日和に返納する日を待ち望んでいた…としていますね。

 

 

飛徹の待っている人物はこの二人だったのか、本当は他にもいるのではないか?

そう思わせるほどに、まだこの人物の素性は分からないまま。

 

霜月コウ三郎を違法出国した男としていますが、その人物との関りもありそうですよね。

おそらくはワノ国編の最後、ポーネグリフが発見された時に素性が明らかになるように感じます。

 

 

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

コメントはこちら

ワンピース

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました