シャンクス 正体や傷がない理由は?二人説やクローンの噂の真相について

ワンピース

赤髪のシャンクスの正体は何なのか?

ワンピースが始まって以降の疑問は今だ伏線のままです。

シャンクス二人説や顔の”傷”についても気になりますよね。

そして、武器である”グリフォン”に関しても悪魔の実が関係しているとの話もあるようです。

この記事では、そんな赤髪のシャンクスについて調べていきます。

 

この記事では、ワンピースの最新の考察を文字のみでお届けしています!

実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はMusic.jpに無料登録してみましょう!

ワンピースの最新刊を登録時のポイントを使っておトクに読めてしまします!

 

登録ポイント増量キャンペーン中!

Music.jpの解約方法はこちら

Music.jpの解約方法はこちら

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

スポンサーリンク

シャンクスの能力は移動力?

第一話

シャンクスがワンピースのストーリー上で大きく描かれたのは、第一話。

この時は、ルフィを助けようとして海に入り、腕を食べられてしまったことから、非能力者であったことが予想されます。

ただ、「VIVRE CARD~ONE PIECE図鑑~」によれば、シャンクスがフーシャ村に停泊していた当時から既に四皇の一人だったとされています。

悪魔の実を食べていないのに、四皇の強さを誇るようですね。

あの時に見せた能力は覇王色と思われる”覇気”のみ。

 

頂上戦争

次に、白ひげVS世界政府の頂上戦争でも大きく活躍しました。

頂上戦争を読んでいて疑問に思ったのはシャンクスの移動力についてです。

新世界で”カイドウ”と小競り合いをしたと思うと、頂上戦争を止めに入ったり

頂上戦争については、シャンクスは前日にカイドウとの小競り合いを起こしていました。

そのため、新世界から偉大なる航路の前半の海に行くためには、レッドラインを超える必要があります。

そのルートとしては、魚人島をぬけるか、マリージョアを通過するしか方法はないハズ。

新世界にいたカイドウと戦い、1日でマリンフォードの頂上戦争の現場まで行くことができたことについては大きな疑問が残るところ。

海軍側も驚いているシーンも描かれていたため、何かしらの秘密があってもおかしくはないでしょう。

 

レヴェリー中の五老星への密談

レヴェリーの際に五老星の間に密談に入るシーンもありましたね。

次に、シャンクスのレヴェリー中の五老星との密談。

これは前日に何かを起こしていたことはありませんが、そもそもレヴェリーという世界の王が集まり、厳戒態勢がとられている状況で、マリージョアのパンゲア城の中に誰にもバレずに侵入することができるのか?ということですよね。

通常ではありえないような場所に突如として現れることから、

シャンクスは瞬間移動のような能力があるのかもしれません。

もしくは、シャンクスは世界政府の公認、もしくは支配下にある海賊なのかもしれません。

後者ではあってほしくないですね….

 

スポンサーリンク

シャンクス カイドウの小競り合いについて

前述したように、白ひげと世界政府の頂上戦争のタイミングに合わせ、シャンクスがカイドウに小競り合いを起こした事が気になりました。

ここでは、そのシャンクスの意図が気になるところ。

 

予測の粋を越えませんが、白ひげが世界政府とぶつかるタイミングで、カイドウが横槍を入れ、白ひげを討ち取ろうとすることをシャンクスが止めた可能性があります。

おそらくはシャンクスの意図…と言うよりも、世界政府の息がかかっているシャンクスならば、世界政府の指示によって動いた可能性も考えられるでしょう。

 

白ひげだけに集中したいために、カイドウに何か行動を起こそうとされると、戦力を分散させなくてはならないため、その様に仕向けたのではないでしょうか。

 

世界政府が指示をしたかしていないかは定かではありませんが、シャンクスがそのタイミングでカイドウに向けて小競り合いをしたのは、理由があるのでしょうね。

スポンサーリンク

シャンクス 傷がある場合とない場合?複数存在する可能性も

シャンクスについては傷が描かれている場合と無い場合があります。

ジャンプの連載では傷が無いことを指摘されるも、その後、単行本やアニメでも修正されることはなく、傷が無いままだったシーンは有名ですよね。

尾田栄一郎先生も傷の書き忘れなどはよくあるとしていますが、これは本当にただの書き忘れだたのかは疑問に残るところ。

ちなみに、ビブルカードの表紙には傷のないシャンクスが描かれています。

マリージョアでは傷のないシャンクスが描かれていることから、

”傷のあるシャンクス”と”傷のないシャンクス”が存在する可能性は捨てきれないでしょう。

 

スポンサーリンク

シャンクスはパシフィスタ説も

シャンクスが通常ではありえない場所に現れたことから、能力ではなく、複数のシャンクスがいる可能性も含めて考慮していきたいと思います。

同じ”存在”が複数存在するキャラクターとしてはパシフィスタがいますよね。

元7武海の「バーソロミュー・くま」はベガバンクとの契約によって、自身をサイボーグかしただけでなく、くまの肉体をベースにパシフィスタという兵器が生み出されています。

バーソロミュー・くまのサイボーグ化については、革命軍の反応から考えると、強制的にそのサイボーグになるよう強いられたように思います。

2年前に初登場した時は、相当な脅威でありながらも、未完成・試作品・開発中ということでしたね。

 

このことから”存在”をサイボーグで複数生み出すことは可能であり、シャンクスがパシフィスタであることも可能性としてはあると思います。

スポンサーリンク

シャンクスはクローン人間の説も

信じがたい話ではあるか、ビッグマムの話から、ジェルマによってクローン人間の技術も存在することが明らかになりました。

ここで、クローンの技術を確立させたのはヴィンスモーク・ジャッジですが、天才科学者べガパンクとジャッジは元々共同のチームに入っていたとされています。

ベガパンクはクローンの血統因子を発見しますが、その後は世界政府によって逮捕(買収)されています。

その一方で、ジェルマは政府の手から逃れ逃走し、研究をつづけました。

結果として、兵士のコピーを量産することに成功し、ストック型の20歳の兵士を量産することができるように、技術を確立させました。

ただ、この技術は外には出ておらず、ヴィンスモーク家の技術となっています。

 

しかし、政府はベガパンクを買収していたことから、政府の中で研究が続けられている可能性が高いでしょうね。

ジャッジがクローン技術を成功させていることから、ベガパンクもおそらくはクローン技術を独自に開発し、成功させているでしょう。

このことから、世界政府は人物のクローンを造ること可能ともいえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

藤虎の発言

藤虎がベガパンクの元を訪れ、「すげぇもんが完成していた」と言っていた。

王下七武海と同じくらいの力を持つパシフィスタが「もういらない」とまでも断言。

つまりは、今度完成していた”モノ”はパシフィスタ以上である可能性が高いでしょう。

以前のサイボーグくまは天竜人の奴隷となっています。

政府としては、ベガバンクの技術によってサイボーグはその役目が終了していることを意味し、次の段階に入っているということではないでしょうか。

それこそが、サイボーグから進化させたクローンの可能性もあると思われます。

 

これまでのシャンクスに異変があるということは、世界政府はシャンクスの了承を得たうえで、シャンクスのクローンを作る技術を確立していた可能性もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ シャンクスが2人いるのかどうなのか?

上記の内容から、シャンクスは複数いる可能性も捨てきれません。

一部では、シャンクスどこかで闇落ちをした可能性もあるのではないか?との話もあります。

確かに、昔のシャンクスと今のシャンクスでは雰囲気が異なりますよね。

ダーク面と明るい面の2面性を持ち合わせているようにも思います。

現在の段階では、いまだに可能性として捨てきれない部分はあると思います。

とはいえ、出来れば複数のシャンクスが生まれてしまうというのは、展開としてあまり気持ちの良いものではありませんよね。

できればその展開はないことを望みたいです。

 

コメントはこちら

ワンピース

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました