鬼滅の刃 170話ネタバレ最新の考察や感想【不動の柱】

鬼滅の刃

2019年8月19日の週刊少年ジャンプ2019年第38号の鬼滅の刃の第170話のネタバレや感想、考察について記載していきます。

今回の話ではネタバレを含むので、ネタバレが苦手な方は『戻る』ボタンにてお戻りください!

 

今回のストーリーでは、廊下を走り続ける伊之助&カナヲと善逸&村田が合流する事ができ無一郎は串刺しの状態から脱する事に成功し、玄弥も無一郎の手を借りて状況を脱する一歩手前。一方黒死牟と行冥は戦いを続ける中、止血に成功した実弥が戦いに加わり…といった内容でした!

 

この記事では、鬼滅の刃の最新話についてのネタバレを文字のみでお届けしています!

実際の漫画の画像で無料読みしたい!という場合はMusic.jpに無料登録してみましょう!

鬼滅の刃の最新刊を登録時のポイントを使っておトクに読めてしまします!

登録ポイント増量キャンペーン中!

Music.jpの解約方法はこちら

Music.jpの解約方法はこちら

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

 

▼前回までのストーリーはこちらから

404 NOT FOUND | バズマンガplus

前回の第169話では、黒死牟と行冥との戦いが続く中未だに黒死牟に傷を負わせる事が出来ない行冥でしたが流石 柱最強と言われている男です。ここで死ぬわけにはいかないと痣を出現して…といった内容からの続きとなりました。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 第170話ネタバレあらすじ

死闘の裏側

戦いを切り抜けた鬼殺隊の面々はーー。

村田&善逸と伊之助&カヲルが歩き続けていた廊下でようやく合流します。

善逸は村田の方を借り、引きずられながら戦いで負った傷が痛いと泣き喚いています。

それに対し呆れ顔の村田…善逸の話は無視をし仲間とはぐれた事に困っている様子。

伊之助は歩き続ける廊下で誰かいる事を察知していました。

善逸も伊之助もかなりの傷は追いましたが、二人の柱も元気な様子です。

一方、上弦の壱 黒死牟と行冥の死闘の裏では、

柱に串刺しにされていた無一郎が柱から抜け出す事が出来ます。

大きく呼吸をし、自分の身体からも刀を引き抜きますが串刺しにされていた反動はでかくうずくまってしまいます。

出血も酷い様子。

そして無一郎は今の状況から戦いをする方法必死で考えます。

(状況が悪すぎる

これだけの傷を負わされていては役に立てない

俺は宇髄さんほど体格に恵まれていないから数時間を失血死する

せめて上弦の壱だけでも倒さなければまだ生きて戦える人の負担を少しでも減らせ

死ぬなら役に立ってから死ね‼︎)

無一郎は止血をし、ふらつきながらも歩き出します。

歩く無一郎の近くにいた玄弥が

「時透さん」と声をかけます。そして

「すまねぇが胴体を…強く押し付けてもらえるか?」

と言います。

無一郎は生きている事に驚いたのか、

『玄弥‼︎生きてるの 体…繋がる?』

「厳しいかもな…」

「あの…あそこに落ちている…上弦の髪の毛…

取ってきて…喰わせて貰えるか?

最後まで…戦いたいんだ…兄貴を…守る…死なせたくない…」

鬼の力を吸収できる玄弥はバラバラにされた胴体を黒死牟の髪の毛を食べ回復しようと試みます。

無一郎は、玄弥の事を見つめ

「…わかった

一緒に最後まで戦おう」と言います。

そして黒死牟と行冥の戦いに戻ります。

行冥の痣を見た黒死牟は

「そうか…お前も…痣の者…残念だ…」

「残念とは?」

「見た所…お前の…年の頃合いは…二十七…といったあたりか…」

「それが何だ?」

「喪失を…嘆いている…

痣の者は例外なく…二十五の歳を迎える前に死ぬのだ

痣を出現させ…力を向上できたとしても…所詮それは…

寿命の前借りに過ぎない…お前は二十五を超えて…

痣を出した…今宵の内にも死ぬだろう…

これ程までに研鑽し極められた肉体と技が…

この世から消えるのだ…嘆かわしいと思わぬか…」

それを聞いた行冥は

思わない

その話も痣の者達はすでに承知済み」

「知って…いたのか…」

「例え痣が出なかったとしても鬼殺隊である限り明日の命の保証はない

何を今更己の命など惜しもうか

そのような生半の覚悟で柱になる者などおらぬ」

『甚だしき侮辱 腸が煮えくり返る』

行冥は黒死牟の話を聞きかなり怒っている様子。

「命云々のつまらぬ話をしているのではない…

鬼となることで肉体の保存…技の保存ができるのだ…

何故それがわからぬ…愚かな…」

黒死牟は無一郎の時同様、行冥を鬼へならないか勧誘しているようにも見えます。

「わかるはずもなし

我らは人として生き人として死ぬ事を矜持としている」

『貴様の下らぬ観念を至上のものとして他人に強要するな』

行冥は鎖のついた武器を振り回し出します。

「ほう」

と関心げな黒死牟。

黒死牟の過去

「今話していて気づいたがお前は一つ虚偽を述べたな」

「ふ…何を言う…私は何一つ偽ってなど…」

行冥はニヤっとしながら言います。

『例外はあったのだろう

痣を持ち二十五を超えて尚生き続けていた者がいた』

黒死牟は呆然とした様子でいます。

「動揺したな。私の読みは敵中のようだ…」

一瞬で黒死牟は行冥に近づき首元を切り裂こうとします。

「な…」

行冥はとっさに武器を挟み切られるのを塞ぎます。

黒死牟の刀と行冥の鎖での攻撃は続きます。

そこに、止血を終えた実弥の姿がーー‼︎

実弥は深く呼吸を重ねます。

「フーーッフーッフゥウウウ シィイイイイ シィイ」

深く呼吸を重ねた実弥の顔には痣が出現し、再度戦いにいく体制が整ったようです。

戦闘を続けている黒死牟と行冥の元に実弥が大きく刀を振りかぶり参戦します。

(この男にも痣…今の世代の柱殆どが痣者か…)

実弥に気を取られている内にと、行冥はつかざず攻撃を仕掛けます。

行冥の攻撃に気づいた実弥は真後ろから飛んでくる鉄球に合わせてとっさに対応します。

ですが、黒死牟にも避けられます。

(真後ろから飛んできた鉄球を避けた)

実弥は足元を狙い攻撃を続けていきます。

後ろに下がって体制を整える黒死牟。

(異なる呼吸の使い手同士でさらにはこの速度の戦いで

連携してくるとは)

黒死牟は初めて一緒に戦いをしたであろう二人の息のあった戦い方をみて驚いています。

『柱稽古しといて良かったなァ 悲鳴嶼さんよォ』

と楽しそうに実弥は行冥に言います。

「うむ」

その連携 比類なし‼︎

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃の最新刊を無料で読む方法

以上、鬼滅の刃170話のネタバレを紹介しました。

しかし、文字だけじゃなくやっぱり絵付きでどのような内容だったのか読みたくなりますよね。

鬼滅の刃のマンガを読み返すならMusic.jpがオススメですよ!

Music.jpなら、マンガ・映画・音楽・アニメ等が楽しめます。

Music.jpの特徴についてまとめてみました!

  • 30日間の無料登録キャンペーン
  • 無料登録直後に961ポイントがもらえる
  • ポイントを使用して最新刊を無料で読める
  • 動画レンタル時に使用できるプレミアムクーポンがもらえる

もしまだ鬼滅の刃の最新刊を読んでいない人は

ぜひMusic.jpの31日間無料体験に登録して読んでみてください

登録ポイント増量キャンペーン中!

Music.jpの解約方法はこちら

Music.jpの解約方法はこちら

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

スポンサーリンク

鬼滅の刃 第170話の考察や感想

今回の話では、今まで黒死牟VSにフォーカスを置かれていたので

倒された柱や、他のメンバー達が描かれる事があまりない状態でしたが

久しぶりに善逸や伊之助の姿が出てきて安心しました。

善逸は相変わらず泣き喚いていましたね。笑

ここまで戦ってきてボロボロになっていても尚、誰かの気配を即座に察知し

ビビッとしている伊之助の底なしの体力には驚きます。

とにかく、ずっと歩き続けていた廊下で無事合流する事ができて良かったです。

負傷者達

もう戦闘不能なのかなと予想していた玄弥と無一郎が

ようやく窮地を抜け出し戦いに参戦するのか!?というところまで来れました。

柱に串刺しにされていた状態からよく抜け出せましたね…。

刀も抜く事が出来ましたが、傷口からの出血などを考え無一郎は今の状態では

戦えないと判断していました。

抜け出せはしたけど意味ないのか!?と思いましたがそこには玄弥の姿。

胴体をくっつけて黒死牟の髪の毛を食べさせてと無一郎にお願いしましたね。

鬼を食らう事で力を使える玄弥はこれで、復活できるのでしょうか?

玄弥自身も自身なさげでしたが、黒死牟の髪の毛を食べて次回兄弟プラス行冥での戦いが見れたらなあ…と期待しています。

続!死闘

痣の出現では25歳で死んでしまうのですね…。

内容を見ている感じでは、黒死牟が人間だった頃痣の出現者であり

死ぬのを嫌がり鬼になったーー!?

そして、痣が現れた者は例外なく…と言っていましたが

痣が誰かに現れると連鎖して周りにも出現すると以前ありましたよね。

炭次郎のように元々出現している人ではなく、連鎖した場合でも亡くなってしまうのでしょうか?

そうなってくると、殆どの柱たちの命が危うくなりますよね…。

そして黒死牟と話す行冥の姿は格好良すぎました。

痣の者達は承知済みで、命など惜しまないと。

かなりの覚悟です。流石としか言いようがなかったですね。

すぐに死んでしまう…そんな事はおきないと信じたいので、25超えても大丈夫な何か対処法があることを願います。

 

実弥が止血を終えて参戦しました。

もう少し先での登場になるのかと思いきや復活が早くて驚きました。

二人の戦いはまるでいつも一緒に戦っているかのように息ぴったりで見ていて楽しかったですね。

実弥もまさかの顔に痣が出現していましたし、戦いの続きがかなり楽しみです。

次回では、行冥に加わった実弥と玄弥も復活し3対1での戦いが出来るのでは?

とよんでいます。

無一郎もなんとか復活して欲しいのですが…

そうしたら、黒死牟にここまで傷一つ負わせる事が出来ない状態でいましたが

勝算が見えてくるのではないでしょうか!

そろそろ勝って欲しい所です…‼︎

スポンサーリンク

まとめ

以上、鬼滅の刃の第170話のネタバレや感想を記載しました!

次号もお楽しみに!

 

 

コメントはこちら

鬼滅の刃

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました