アクタージュ ネタバレ最新話74話の感想!【助演】

アクタージュ

2019年7月22日の週刊少年ジャンプ2019年34号のアクタージュの第74話のネタバレや感想、考察について記載していきます。

 

今回のストーリーでは、王賀美さんがスカウトされた頃から知っていた白石さんは、夜凪さんと王賀美さんのアドリブ交じりの演技を嬉しく感じていました。

かつて所属していたスターズとの確執で日本の芸能に失望し、この国を出て行った王賀美さんが、夜凪さんの演技を通して再びこの国で芝居をすることを決めたのでした!

 

今回の記事では、文字だけでネタバレを記載しています!実際のマンガの画像を無料読みしたいという方はmusic.jpに登録し、おトクに最新刊で読んじゃいましょう

\30日間無料お試しで961Pをゲット/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

スポンサーリンク

アクタージュ 74話ネタバレあらすじ

白石と王賀美のつながり

空港で突如始まった夜凪と王賀美による台本読みは白熱し、夜凪の芝居に応えるうち王賀美の演技にも熱が入ってきていた。

元よりビッグネームだった王賀美と、近頃話題になってきている夜凪の二人が、空港で演技の大立ち回りを始めたものだから、周りには当然ギャラリーが形成されている。

その様子を二階通路から見下ろすようにして、夜凪たちと同チーム『甲』のメンバー、白石と朝野が見守っていた。

「すごいことになってますね。空港のど真ん中で…。王賀美さん、途中からアドリブになってますよ。台詞覚えてないから」

感心したように朝野がそう零すと、白石は訳知り顔で言った。

「ええ、しかし楽しそうです」

「楽しそうって……白石さんってなんで王賀美さんと知り合いなの? 共演経験ないですよね」

「ああ、僕は彼がスカウトされた現場に偶々居合わせたんです」

なんでもない風にそう言った白石を見て、朝野は思わず「え」と驚いて視線を彼へ向ける。

「もう10年も前の話ですが」

 

スターが歩んだ道

白石は、その当時のことを思い出しながら話した。

「ある映画の撮影中のことでした。当時学生だった彼が偶々カメラに映り込んでしまったのです。現場の誰もが凍りつきました。主演をも飲み込むその存在感に」

それは白石自身もであったし、そして現在はあの大手芸能事務所スターズの社長を務めている星アリサもそうであった。

「正に一世風靡というやつでした。演技経験のない15歳の少年が、たった数か月で国民的な人気を得て、翌年には主演映画で俳優賞を総なめ。アイドルのようなスター性と圧倒的な存在感で、観客を虜にする演技。星アリサは完璧と言える俳優を獲得したと言われていました」

白石は、かつての少年だったころの王賀美が、各メディアに取り上げられ、レッドカーペットを悠々と歩く姿を頭に浮かべる。

その当時の王賀美の躍進ぶりには朝野も覚えがあるようだった。

「うん、すごく悔しかったの覚えてます。同時10才だったけど私のが芸歴長かったし」

彼女の当時の思いを聞いて、白石は「はは」と曖昧に笑ったのち、ほんの少し口を噤んだ。そして再び語った。

「……では、その後のことも覚えていますね」

 

狭く息苦しいこの国

~回想~

助けを求めるスタッフの声を皮切りに、スタジオは騒然とした。

台本を読んでいた白石が視線を上げると、王賀美が語気を荒げて星アリサに食って掛かっており、それをスタッフ数名で押さえていたところだった。

これが初めてのことではなかった。現にスタッフも、「また王賀美君が――」と困り果てていたのだ。

「変だと思ったんだよ、どいつもこいつも萎縮し切ったつまんねぇ俳優かヘタクソばかり。あんたわざとやってんだろ、なんで俺の共犯者はザコばっかなんだ」

そう抗議する王賀美に、星アリサは淡々と返す。

「ザコかどうかはあなたの主観でしょう。何より今度はあなたの希望ワガママに応えて白石君と共演させている」

「白石さんとの共演シーンがなくなってる。同じ作品に参加してるだけだ。聞けばあんたの意向だと言う。どういうことだ」

「あなたは他の俳優を飲み込みかねない。少しは有望な俳優の未来を考えなさい」

その台詞にとうとう我慢できず、王賀美は星アリサの胸ぐらを掴んだ。スタッフが慌てて王賀美の名を呼び静止に入ろうとするが、その前に王賀美はピタッとその動きを止めた。

「…クソ」と悪態を吐いて、王賀美が手を放す。そしてそのまま、悔しそうに星アリサに背を向けた。

「俺が女には手を出せねぇことを逆手に取りやがって。…白石サン。思ったよりつまんねぇ世界なんだな」

落胆とも見える言葉を、王賀美は白石に向けて吐き捨てた。

 

~回想終了~

オーディションという名の出来レースに知らずの内に参加させられていたり、用意された経歴を強要されたり、事務所の意向に沿った作品にしか出演が許されなかったり、引き立て役との共演しか許されなかったり……。

他にも理由はあるのだろうが、この国ではよくある話でも、彼にはその常識が許せなかったのだ、と白石は言う。

「ともかくその日を境に彼はスターズを辞め――他事務所への移籍を試みますが各社から拒否され、国内での仕事を完全に失います」

「! どうして? 勿体無い」

純粋な疑問を口にした朝野に白石は寂しげな表情を浮かべ、彼がこの国を発った日のことを思い出す。

~回想~

「向こうのエージェントから声がかかったってね」

白石と王賀美もまた、空港にいた。かつての白石が王賀美に声をかけると、「もう映画も決まってる」と王賀美が頷く。

「出演者聞いたらたまげるぜ。化け物揃いだ。この俺が助演だとよ。羨ましいだろ、白石さん。一緒に来るか?」

しかし、何も言わない白石に王賀美は座っていたベンチから腰を上げる。

「なんてな。じゃあな」

「もう少し一緒にがんばりませんか」

引き留める白石に、王賀美は振り返ることもなく言った。

「分かってんだろ。この国は狭すぎる。何もかも。どん詰まりだ」

スターズを捨てた男。日本を捨てたスーパースター。

世界ではそう謳われていたが、当時まだ16才だったその背中は、白石の眼には酷く寂しそうに見えたという。

~回想終了~

「だから僕には、彼のあの顔が嬉しいんです」

そして今白石の眼は、夜凪と満足そうに演技をしている王賀美の姿を映していた。

“助演”王賀美陸

ふいに、停電していた空港の電気が復活した。明るくなったのをきっかけに、夜凪と王賀美の芝居も止まる。

歓声が空港内に響いているその中心で、王賀美は言った。

「俺の皿に収まる気はねぇって芝居だな」

「……王賀美さんどうだった? 私のお芝居」

「新宿ガール…いや。礼を言う、夜凪景。俺がこの国で助演を演やるのは初めてのことだ」

王賀美が言いたいことを感じ取った夜凪が「それって」と言いかけた時、王賀美は彼女の肩に腕を回して言った。それはギャラリーに向けての言葉だ。

「主演 夜凪景、助演 王賀美陸。舞台『羅刹女』に期待してくれ。俺たちは寺に戻る。舞台で会おう」

途端、再び歓声が上がった。先ほどまでの芝居をすべて番宣にしてしまう、抜け目ない王賀美に、その場にいた者は――共演者も含めて――戸惑っていた。

「景、この3日お前あのメガネといたのか?」

夜凪を抱えて引きずりながら歩く王賀美が聞けば、彼女は「うんそうなの。偶々山の上で会ったの」と頷く。

(たった3日で夜凪の芝居をここまで変えたのか、あの女が)

「悪くねぇな。楽しくなってきた」

不敵な笑みを浮かべる王賀美を、阿良也と千世子が見つめる。

「楽しくなってきたね」

「うん、そうだね」

そうは言うが、二人の口元は少しも緩んではいなかった。

 

スポンサーリンク

アクタージュの最新刊を無料で読む方法

以上、アクタージュ 74のネタバレを紹介しました

しかし、文字だけじゃなくやっぱり絵付きでどのような内容だったのか読みたくなりますよね。

実はお得にマンガを読めちゃう方法があるんです!

すぐにアクタージュを読むのであれば、music.jpがオススメです!

カンタンにオススメ特徴についてまとめました!

  1. 30日間無料お試し
  2. 見放題の動画がたくさん!
  3. マンガ、アニメ、音楽等のコンテンツが充実
  4. 無料期間に961ポイントもらえる
  5. ポイントを使ってマンガを無料読み出来る!

 

30日間の無料期間があり、無料登録直後に961ポイントがもらえるので、そのポイントを使用して最新刊を無料で読むことも可能です!

もしまだアクタージュの最新刊を読んでいない人は、music.jpの30日間無料体験に登録して読んでみてください

\30日間無料お試しで961Pをゲット/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

 

スポンサーリンク

アクタージュ 74話の考察や感想

今回のお話では、世界的スーパースターである俳優の王賀美陸さんにスポットが当たっていましたね。

彼がデビューしてから日本を去るまでのエピソードが紹介されるのは初めてのことでした。

スター性、カリスマ性、演技力……どれをとっても、他の俳優を食ってしまうほどの技量を持った彼は、破竹の勢いで芸能界を駆け抜けていきました。

しかし、それゆえに、王賀美さんをさらに際立たせようと、彼の共演者はいつも引き立て役ばかり。これでは確かに、王賀美さんがうんざりするのも分かる気がします。

彼は演技に関しては何も努力したことがないとは言いますが、それでも向上心はあるのではないかと思います。ですので、自分の実力と見合った俳優と共演したいのだと思うのです。

当時所属していた事務所、スターズの社長であろうとも臆面なく食って掛かれるのは流石の王賀美さんですよね。しかし、それほどまでに星アリサさんの采配は面白くなかったのでしょう。

オーディションが実は出来レースだっただなんて、それは王賀美さんを侮っていると言うのでしょうか、少し馬鹿にしてさえいるように感じますね。

何故なら、若干16歳にして賞を獲得するほどの王賀美さんなのです。出来レースなどの小細工は必要なかったのではないでしょうか。きっと、それでも合格していたでしょう。

きっと白石さんは、日本の芸能界に嫌気がさしてしまった王賀美さんの気持ちが分からないでもなかったのでしょう。ですので、王賀美さんが日本を発つと決めた時に強くは止められなかったのではないかと思います。

空港という、大勢の人がいる場所でパフォーマンスをした王賀美さんがさっと機転を利かせて、番宣のためのイベントだったのだと周知させたのは流石としか言いようがありませんでしたね。

自分自身の顔が売れていること、現在どんな状況にあるのか、この場をどう立ち回れば穏やかに済ませられるのか。これらを瞬時に考え、そして答えを出す力は、間違いなく彼のスター性あってのことなのでしょう。

使えるものを使う、とても賢く強かな立ち回りでしたね。

夜凪さんがたったの三日間で演技の質を上げてきたその陰に、山野上さんの助けがあったと知った王賀美さんは、次回以降どう出るのでしょうか、楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、アクタージュの第74話のネタバレや感想を記載しました!

次号もお楽しみに!

 

コメントはこちら

アクタージュ

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました