約束のネバーランド142話ネタバレ感想あらすじ!【1000年前の”約束”②】

約束のネバーランド

2019年7月13日の週刊少年ジャンプ2019年33号の約束のネバーランドの第142話のネタバレや感想、考察について記載していきます。

今回のストーリーでは、レウウィス大公の襲撃で死んだと思われたユリウス=ラートリが仲間の元へ帰還するも、すでに鬼たちと取り決めをかわし終えた後であり、仲間たちを最初の食用人類として差し出してしまいます。

さらに鬼の頂点の位置する存在と約束を交わすも、二世界間の調停役を言い渡されてしまいます。

そして現在、エマもまた鬼の頂点に位置する存在に対し、自分の願いを伝える…といった内容でした!

▼とにかく絵を見せて!という方はこちら!▼

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

スポンサーリンク

約束のネバーランド142話ネタバレあらすじ

ユリウス=ラートリ―の帰還!

伝令「申し上げます!西南の森にてレウウィス大公出現!ラートリー軍本陣壊滅!大将ラートリー様も恐らくは…」
伝令からの急報を聞き、ラートリーの仲間たちは焦り、急いで現地へ向かおうとします。
しかしそこへラートリー本人が現れ、仲間たちはほっと胸をなでおろして安心します。
ラートリー「今すぐに聞いてほしい話がある」
無事に再会できた喜びもつかの間、ラートリーは仲間の幹部たちに対し、鬼との和平案を再提案します。
しかしその内容は、一部の人間を鬼たちに差し出すという非人道的なものであり、一度はナシと決まったはずでしたが…
ラートリーはそれでももう一度考え直してほしい、と全員を説得し始めます。
ラートリー「私はもう…犠牲はこりごりなのだ」
たった一晩で、レウウィス大公一匹に部隊を壊滅させられてしまったラートリーの表情は、恐怖と苦しみから大きく歪んでいます。
ラートリー「こうでもしなければこの泥沼の殺し合いは終わらない」
仲間の制止を遮り、ラートリーは必死に言葉をまくしたて、説得を続けます。
ラートリー「頼む、みんな、この案をのんでくれ」
がっくり頭を下げ、再三にわたってお願いしてくるラートリーに対し、仲間も少し考えるような様子を見せますが…。

ラートリーの和平案!あくまでも拒む仲間たち!

仲間の女性「でも…差し出された者の苦しみは?子々孫々、未来永劫に続くのでしょう?」
この一度きりの決定で、自分たちの安寧と引き換えに、苦しみと悲しみを背負う人々を増やし続けることになる…
ラートリーの言っていることはそういうことだ、と仲間の女性が指摘します。
他の仲間たちも、家族や仲間を殺されようと、望む未来のため、あきらめずに戦ってきたじゃないか、とラートリーの案を暗に否定し始めます。

ラートリー「やめろ、やめろ…!ちがう!!」
ラートリーは頭を抱えて苦しみだし、キレイ言にも幻想にも、もううんざりだ!と誰にともなく叫びだします。
ラートリー「私は正しいことをしているんだ。私は―」
仲間のリーダー格「じゃあ君は何故そんなにも苦しそうなんだ、ユリウス」
リーダー格の男は、ラートリーも本当はそんなことを望んでいないはず、君は誰よりも優しいから一人で背負いこんでしまったんだ、とその胸の内を想像し、代弁するかのように言います。
仲間たち「やはり俺は…俺たちは、その提案をのむことはできない」
仲間たちはあくまでも、ラートリーの和平案をこばむ姿勢を貫きます。
ラートリーはなおも説得しようとしますが、仲間たちの決意が固いことを知って、ついに説得を諦めます。
ラートリー「残念だ…本当に…残念だよ…」

ラートリーの裏切り!

兵士「敵襲ー!!!」
外にいた兵士が叫ぶとほぼ同時に、無数の鬼たちが襲撃をかけてきます。
しかし鬼たちはラートリーには目もくれず、ラートリーの仲間たちをあっという間に包囲してしまいます。
リーダー格「ユリウス…お前…裏切ったのか!!」
ラートリー「彼らの王とはすでに取り決めを交わした」
鬼の王はラートリーの話を聞き、食料供給を握ることでより臣民を制御・支配できるようになると考え、二つ返事で和平案に乗ってくれていたのでした。
ラートリー「君たちが最初の抑揚人類に、和平の礎になってくれ」
ラートリーは凶悪な笑顔を浮かべ、鬼に捕まった仲間たちにそう言い放ちます。
(これでいい、これが唯一の正解だったのだ)
自分にそう言い聞かせながら、ラートリーは仲間に背を向けてその場を去っていきます。
そしてラートリーはイヴェルク公と共に、鬼の頂点に位置する存在の元を訪れ、あるお願いをします。
鬼の頂点「せかいをふたつにわけてほしい?」
この願いはあっさり受け入れられ、望みをかなえる代償として、ごほうびが要求されます。
鬼の頂点「まずはイヴェルク、きみからは…そのとしにいmのったいちばんいいおにくをちょうだい」
イヴェルクはこのごぼうびに対し、承知しましたとだけ答えます。
鬼の頂点「さてつぎはユリウス、きみは…きみはいまからもんばんだ」
ラートリーに言い渡されたのは、二世界観の平和を守る調停役でした。
死をも覚悟していたラートリーでしたが、子々孫々に渡って約束を守り続ける役割を背を和され、絶望の表情に変わっていきます。
鬼の頂点「にげられない、すてたともだちからも、うんめいからも」
鬼の頂点「君も平和の礎になるんだよ」

エマの願いと3つのルール!?

場面は現在、エマの視点に戻ります。
鬼の頂点「いいよ、エマ。なにがのぞみ?ただしぼくにもごほうびをちょうだい」
エマはごほうびの存在はミネルヴァのペンから得た情報で知っていました。
しかし実際に会ってみた鬼の頂点は、無邪気で子供のようであり、同時に時空を超えた高次元の存在でもあり、まったく未知数です。
エマ(何を考え、何を欲するのか、まったく読めない…まるで気まぐれな神様…)
鬼の頂点「ごほうびはね、大切なものがいいよね」
鬼の頂点「野望、欲望、渇望、もらうならあいてのたいせつなものがいい」
それでもきみはのぞむ?と改めて問いかけられ、エマは自分が託された願いを思い出します。
シェルターでエマは、3つのルールの存在を知っていました。
①鬼の頂点との約束は上書きできない
②鬼の頂点との約束は破ることができない
③ごほうびは絶対に断ってはいけない
以上のルールから、何をお願いすればいいのか、レイがあらかじめ考えておいてくれました。
エマ「私が望むのは―食用児全員で人間の世界へ行きたい。それを最後に二世界観の行き来を完全に不可能にして」
鬼の頂点はニィッと不気味に笑って、エマの望みを叶えることを約束するのでした。

▼約束のネバーランド(約ネバ)143話 最新話ネタバレあらすじ感想!

404 NOT FOUND | バズマンガplus
スポンサーリンク

約束のネバーランドの最新刊を無料で読む方法

以上、約束のネバーランド145話のネタバレを紹介しました。

しかし、文字だけじゃなくやっぱり絵付きでどのような内容だったのか読みたくなりますよね。

実はお得にマンガを読めちゃう方法があるんです!

約束のネバーランドの最新刊を無料で読むなら…!

約束のネバーランドの最新刊を読むのにオススメなのがU-nextです!

U-nextでは電子マンガ・電子書籍が楽しめます。

元々は動画配信サービスだけでしたが、現在は150000本(90000本)の動画35万冊以上の電子書籍サービスも展開しています。

雑誌の読み放題だけでなく、無料のマンガ作品も多く存在しています。

また、31日間の無料期間があり、無料登録直後に600ポイントがもらえるので、そのポイントを使用して最新刊を無料で読むことも可能です!

もしまだ最新刊を読んでいない人はぜひU-nextの31日間無料体験に登録して読んでみてください

▼31日間無料体験で600Pをゲットして今すぐ読む!

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

アニメを無料で見る場合もおトク!

また、U-nextではアニメや映画の動画配信も行っています!

こちらも見放題なので、過去のあのシーンが気になる場合もすぐに見返すことができます!

約束のネバーランドは2020年に2期が放送決まっているので、これからどんどん盛り上がっていきますよ!

今のうちにオトクに見ておきましょう!

▼約ネバのアニメを今すぐ見る!

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能!

スポンサーリンク

約束のネバーランド142話の考察や感想

ラートリーの仲間はエマたちの先祖?

1000年前のユリウス=ラートリーの裏切りによって約束が交わされる、という衝撃的な展開でしたね。

ラートリーの仲間たちは最初の食用人類として鬼たちに差し出されてしまったわけですが…すでに農園建設の予定もたてられており、仲間たちもそこへ送られて食用人類を増やすため、家畜のように繁殖させられてしまったのでしょうか…。

とても非人道的な行いですが、彼らが最初の食用人類なら、それはつまりエマたちの先祖だともいえるわけですよね。

どことなく、ですが、リーダー格の男はエマに、紅一点の女性はノーマンに、顔に入れ墨をしている黒髪の男はレイに…ちょっとだけ似ているような気もします。

エマたちは、同じGF出身組どうして、お互いのことを家族と呼んでいるのですが、ある意味本当に、GFだけでなく食用児は全て、遺伝子的にもつながりがある家族のようなものだ、とも言えそうですね。

ちなみに1000年前のユリウス=ラートリ―の肩にはフクロウが、そして現在ラートリーの名を騙っているノーマンの肩にもやはりフクロウがいるのですが…このフクロウも遠い先祖と子孫だったりするのかもしれませんね。

 

約束は破られている可能性が!?

鬼たちは儀祭という式典の中で、鬼の頂点に位置する存在に対し、特別な人肉を捧げていること自体は、かなり前の段階からわかっていました。

そして今回、それが1000年前にイヴェルク公が鬼の頂点と約束を交わした際に要求されたごほうびによるものだった、ということが判明したわけですが…。

ちょっと気になったのは、鬼の頂点が要求してきたのは、「そのとしにみのったいちばんいいおにく」を献上すること。

おそらく1000年間、ずっとそれを続けてきたのでしょうが…

しかし最近になって、鬼たちはGF農園で飼育していた特上の肉である、エマ・レイに逃げられ、残る一人であるノーマンも、なぜか肉にするのではなくラムダという試験農園に送って生かし、結局ノーマンにも逃げられています。

普通に考えれば、ノーマンだけは絶対に逃がさないようにして、すみやかに食用として処理しそうなものですが…

鬼たちからするととんでもない不手際の連続であり、これは約束を破ったことになってしまうんじゃないかな?と感じました。

ノーマンはすでに死んでいる?今のノーマンはクローン?

約ネバファンの間では、クローン説という考察が古くからありました。

登場キャラは全てクローン、とか、一部のキャラはクローン、など、内容は色々ですが…。

今回142話を読んでみて、ひょっとしたらノーマンが…ラムダでクローンを培養された上で、結局、肉として鬼の頂点にささげられてしまった可能性もあるのではないかと思いました。

それなら約束を破ったことにもならず、ノーマンが生きている理由の説明にもなります。

つまり、今ミネルヴァとして活動しているノーマンは、クローンとして量産されたノーマンの一人であり、オリジナルのノーマンはすでに死亡している…と予想してみます。

あんまり当たってもうれしくないというか、外れてほしい予想ではありますが…。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、約束のネバーランドの第142話のネタバレや感想を記載しました!

次号もお楽しみに!

 

 

 

コメントはこちら

約束のネバーランド

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました