⑤マザコン夫と意地悪な義母『お前は家政婦のようなもんだから』

マザコン夫と意地悪な義母

第4部(前回)の内容はこちら

④マザコン夫と意地悪な義母『お前は家政婦のようなもんだから』
\前回の内容はコチラ!/ そして、迎えた花火大会当日。 私「よしっ、はっぴ似合ってるよ」 息子「かっこいい?」 私「うん、かっこいいかっっこいい!」 息子「えへへ」 嬉しそうに笑みうかべる雅明...

 

スポンサーリンク

第五部:義父からの手紙

旦那 「お前に親権を渡すわけないだろ…それ以上反抗的な態度を取るなら、明日にでも離婚してやるからな」

「ご、ごめんなさい…もう言わないから」

義母「生意気な態度を取ってないで、さっさとお父さんのご飯の支度をしなさい」

「はい…」

私がヨタヨタと立ち上がると、雅明が義父の部屋から戻ってきた。

義母「おかえり、じゃあ、行こうか」

息子「うん…まま、カステラ買ってくるからね!」

雅明の柔らかい笑みに、涙が出そうになったが、私はグッと堪え見送ったのだった。

「行ってらっしゃい…」

扉が閉まり、わたしは力なく手を下ろした。

 

 

打ち上げ花火の音を聞きながら、私は煮物を煮込んでいた。

数年前の花火大会は幸せで満ち溢れていたのに、今はどうだ…

あの時、プロポーズを受けていなかったら、私は今、幸せだったのかな…。

そもそもあの時付き合ってなかったら、私は自由の身だったのか…。

「あぁ…もう嫌だな…」

煮物の中に、涙がぽつりぽつりと零れ落ちたが、それを抑える術は、今の私には持ち合わせていなかった。

 

 

なんとか晩御飯を作り終え、私は食事を義父のもとに運んだ。

「どうぞ、また食べ終わった頃に来ますね…」

泣き腫らした眼を見られたくなくて、そそくさと部屋を出ようとしたが、またしても義父に呼び止められた。

義父「泣いたのか」

「すいません…大丈夫です」

義父「お前は、なぜ謝る」

「え?」

義父「今の謝罪は何に対してだ」

 

スポンサーリンク

あとがき

旦那や夫からも暴力を受け、しかし親権は向こうに取られてしまう可能性がある。

前にも後ろにも動けない状態に、義父が救世主になるかぁーー??

まじで幸せになってほしい( ;∀;)

次回、第6部「義父からの手紙」

⑥マザコン夫と意地悪な義母『お前は家政婦のようなもんだから』
第5部(前回)の内容はこちら 第6部:義父からの手紙 私「それは、泣いてることに対して…です」 義父「私が謝れと言ったか?」 私「いえ…」 義父が上半身を起こしジッと私を見据える。 義父「千寿子には、...

 

\読み直す場合はコチラ/

マザコン夫と意地悪な義母
「マザコン夫と意地悪な義母」の記事一覧です。

 

コメントいただけると励みになります!

コメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました