④マザコン夫と意地悪な義母『お前は家政婦のようなもんだから』

マザコン夫と意地悪な義母

\前回の内容はコチラ!/

③マザコン夫と意地悪な義母『お前は家政婦のようなもんだから』
\前回の内容はコチラ!/ そして、夫も帰ってきて、晩御飯の時間。 例に漏れず、一人皿洗いをしていると、雅明が元気な声で言った。 息子「ママ、このハンバーグ美味しいよ」 私「ありがとう」 雅明の言葉は...

 

そして、迎えた花火大会当日。

「よしっ、はっぴ似合ってるよ」

息子「かっこいい?」

「うん、かっこいいかっっこいい!」

息子「えへへ」

嬉しそうに笑みうかべる雅明を、義母がソファからよんだ。

義母「まーくん、ちょっとおいで」

息子「ん?」

 

 

義母「此処がよれてるわ」

そういうと、義母はいましがた綺麗に着せたはっぴの前をほどいた。

どこにもシワなんてないし、綺麗に着せていたのに…完全に嫌がらせだった。

義母「はい、これで完璧!さっきより男前になったわよ」

息子「ん?ありがと」

「ありがとうございます」

義母「はっぴの着せ方くらいちゃんと覚えててくださいね?」

「はい、そうですね」

義母は私に見せた冷たい表情とは正反対の温かい表情を雅明に向けた。

 

 

義母「さ、じゃあお父さんと行こうか」

息子「はっぴ、お爺ちゃんにも見せてくる!」

義母「もうすぐで時間だから、急ぐんだよ?」

息子「うん!」

雅明はパタパタと2階に上がっていった。

 

 

雅明はよくお義父さんと部屋にこもって話をしている。

なんの話をしているかはわからないが、雅明が楽しそうだし、特に気にも留めなかった。

すると、部屋の奥から夫があくびをしながら現れて、私の前に手のひらを出した。

旦那「なあ、今日の花火大会のお金、頂戴」

「え、この前ちゃんと渡したでしょ?」

旦那「もう使った」

「何に!?」

旦那「パチンコ」

「え!?」

 

私の声に、夫は鬱陶しそうに顔を歪ます。

 

 

旦那「いいだろ、たまには。俺だって毎日頑張ってるんだし」

「けど、私もいっぱい我慢してて…」

義母「あなたが我慢するのは当たり前でしょ?我慢したくないなら今すぐ離婚すればいいじゃない」

もう、何もかも限界で、私はつい口を滑らせた。

「親権をくれるなら…今すぐにでも離婚したいですよ」

旦那「は?」

夫の低い声に、しまったと後悔した時には遅かった。

私の頬に鈍い痛みが走った。

 

⑤マザコン夫と意地悪な義母『お前は家政婦のようなもんだから』
第4部(前回)の内容はこちら 第五部:義父からの手紙 旦那 「お前に親権を渡すわけないだろ…それ以上反抗的な態度を取るなら、明日にでも離婚してやるからな」 私「ご、ごめんなさい…もう言わないから」 義母「生意気な...

コメントはこちら

  1. 最低。なんでもすぐ離婚っていうクソ義母
    なんでクソ旦那が頑張ってるからって花火大会に使う予定のお金は使って良くて、嫁さんはなにもかも我慢しなきゃいけないの?
    まじでこんな環境息子さんにもよくないし、嫁さんもストレス溜まっていつか爆発しそう
    その前に逃げて離婚して慰謝料請求した方がいい

タイトルとURLをコピーしました