キングダム605話ネタバレ感想や考察!糸凌を相手に虚脱?雷伯将軍の実力は?

キングダム

2019年6月27日の週刊ヤングジャンプ2019年30号のキングダム第605話のネタバレや感想、考察について記載していきます。

今回のストーリーでは新しく、糸凌や雷伯将軍が登場しました。

果たしてこれらの人物の実力は?

今回の話ではネタバレを含むので、ネタバレが苦手な方は『戻る』ボタンにてお戻りください。

スポンサーリンク

キングダム605話ネタバレあらすじ

李牧の戦術を”探る”べく、第四将・倉央軍へ出陣の指令が。

副官となる糸凌隊が出陣する。

出陣より少し前

『王翦様より伝令!敵の動きを探るため第四軍から1千騎突撃させよと!』

伝令があわただしく報告する。

ここで糸凌が出る。

倉央は兜から垂れた髪の毛を弄りながら言う

『探りで一千騎は多いな』

それに対して副官の糸凌は『普通に大打撃を与えるかと。』と、笑って答える。

糸凌は女だった。おそらくは容姿はかなりの美女になるだろう。しかし体格は大きく、おそらくは楚の禍燐のそれにも匹敵するほどの巨女。

『夜の元気は残しておけよ。勝って、朝までお前を抱きまくる』

『御意』

糸凌の口元は笑っていた。そう言い残し、静かに出陣した。

乱戦

副将・糸凌の戦はすさまじかった。武器は二本の刀。二刀流だ。

自分の兵を置き去りにしながら圧倒的スピードで敵の共伯軍をせん滅しながら軍の先頭を爆進する。

『糸凌!飛ばしすぎだ!』

後ろ姿と戦う姿は山の民の『バジオウ』を彷彿させる。

稀に漏れる『ウゥン』という声は糸凌のクセだろう。もう既に戦闘に夢中で部下の声は届いていない。

『くっダメだもう声が届いてねぇ!俺らが追いつくしかねぇ!』

『ああ、いつも通りな!』

趙軍はその糸凌の爆進をも冷静に見ていた。

『見ろカイネ!ヤバい連中が入ってきたぞ!先頭の大男が…なんだあれは…』

『…違う、あれは大女だ。所作でわかるだろ』

どうやら戦場の女が戦う姿は女にしか分からない特有の所作があるらしい。

『まずいぞ、共伯軍があんなに…』

『問題ない、想定以上の武に合わせ損ねただけだ。共伯様の軍には…つまりは李牧様の兵にはすぐに通用しなくなる。』

爆進する糸凌の前に立ちはだかるのは盾兵。しかしどうやら様子がおかしい。

猛威を振るう糸凌に対して何の感情も出さず、ただじっとみつめている。盾兵が構えたところで糸凌が強烈な一撃を放つ。

盾兵は押されるも倒されもせずダメージはない。

糸凌は小さく舌打ちし、再度一撃を加える。それでも、敵の盾兵は押されるだけで動じない。

(ほーーう、この糸凌を相手に”虚脱”を使うだと!?)

この虚脱とはただ力を抜けばよいだけではない。”殺気”や”恐怖”心に力みが生じれば身体のどこかに力が入り切られやすくなる。しかし、心を無にし、恐怖を持たないことで、敵の殺気に対しても対抗しうる力を身に着けることができるようだ。

(だが、この糸凌の気を当てられ微塵も恐怖を感じぬと!?)

更に強烈な一撃を放つも、盾兵は静かに起き上がる。

(へーー、ただの兵じゃない。とんでもねぇ仕込まれ方しているなこいつら….)

 

糸凌の勢いが止まったことに対し、倉央は眉を顰める。

『進まぬなら糸凌を一度呼び戻せ。伸びきったまま留まるのはいかにあいつとて危ういぞ。』

だが、倉央の指示が届く前に李牧兵による分断攻撃が始まった。

糸凌は自身を先頭にすごいスピードで進んでいたため、隊は盾に伸びていた。そこを敵歩兵が横腹を攻めに入った。

倉央は五十騎を援軍に送るよう指示する

『行くぞ!副官への援軍だ!糸凌様へとは珍しいな。引き締めて行け、やはり何かある….』

そう馬の脚を勧めたときに、敵部隊がそれに合わせて五十騎が攻めてきた。

まるで倉央が指示をするタイミングや内容を知っていたかのように、合わせるかのように。

『何だ今のは….』

 

この趙軍の戦術に田里弥将軍は戦術の指示が出せなくなっていた。

『将軍!黄馬隊が半分に!ご指示を!』

『山比隊も陸隊も指示を仰いでいます!田里弥様!』

田里弥は眉間にしわを寄せながら、黙る。

大小戦術を出してもすべて通じずむしろ裏目に出続けている。

向こうの兵も戦術理解を徹底されているように見えていた。また、その一方で、妙な違和感も感じていた。

この違和感にいち早く気付いたのは王翦だった。

『ほう、そういうことか。』

王翦の出陣

『田里弥様、何か一つでもご指示を!このままでは、、、』

『まずは、入ってきた倉央達を一度外へ出させよ奴も危うい。そして全軍乱戦を解いて一度下がらせよ。今のかみ合いのままでは兵を失うだけだ。』

田里弥が気にしていたのは、やはり戦略の糸口も見えないままに兵が失われてしまうこと。そのため、大きく戦略を変えようとしていた。

そこに地鳴りが響き渡る。

戦場の各将がその動きに気づく。

『あれは….』

『ほう、早くも出てきましたか….』

王翦の本軍1万の出陣。秦軍でも最強を思わせる登場だ。

更に、戦略家タイプの将軍であると思われた王翦が自ら鉾を持ち、軍の先頭を率いている。

それに合わせて、趙軍の副官・雷伯将軍が出陣する。こちらも一万の軍だ。

雷伯軍は出陣と同時に布陣展開を広げる。

しかし、趙軍の傅抵はそれを見ながら笑う。

『ブハハ早くも大将自らお出ましかよ!….でも残念だったなぁ王翦。雷伯将軍の兵も同じく李牧様の直下兵。共伯軍と全く同じ戦い方をできるんだ。つまり、李牧様の戦術の謎を解かない限りお前に勝ち目はないんだよ!』

傅抵の言葉には『解けるはずがない』という気持ちがあった。

どうやら、今回の李牧軍の戦略は戦術なんて域を超えた代物であるようだ。

倉央も気になっていた。

(まずはどの陣で仕掛けられる。入りは得意の”鶴翼”あたりか,,,)

しかし、王翦軍は止まる様子がない。ただひたすらに兵は行進を続ける。

ー…..ん!?

ー….え!?

王翦軍は布陣展開を見せず、ただそのままで前進していた。規則正しく長方形に隊列を整えたまま、ただひたすらに前進している。

通常では布陣展開をして戦術をかけていくものだが、この前進に何か意図があるのか。

ここで、李牧は何かに気づく。

李牧の罠に対し、徒手空拳で挑むその真意は…..

スポンサーリンク

キングダム605話の感想や考察。

この章ではキングダム605話の感想や考察についてまとめていきます。

倉央の副官 糸凌

まずは、冒頭に登場した糸凌。

二刀流でなおかつ巨躯の女戦士ということでなかなかキャラとしては強め。以前の岳嬰を思わせるような鼻先まで伸びた兜。しかし、片方の目は髪で隠れています。

兜を取ったらキングダム内ではおそらくかなり上位の美女。

ただ、今回のストーリーの最初にエピソードが入っていますが、これは伏線にしか見えないんですよね。

倉央とのやりとりで『勝って朝までお前を抱きまくる』ということから、二人はそういう関係なんだと思いますが、おそらくはこの言葉は叶わず、どちらかが討たれることになるかと。

登場の前の”約束事”エピソードはたいてい叶わない結果になりますよね。

話の展開としては、糸凌が討たれそうですが、キャラとしては残したいので倉央が討たれるかな….なんて思ってしまいますね。

虚脱の戦術とは?

武力としてはかなりのものでると思わせる糸凌に対しても怯むことなく無心で盾を構え続ける共伯軍の盾兵。

通常は虚脱って言葉は、気力が抜けて精神が崩壊した様な状態を指すように思いますが、今回の戦術は異なるようですね。

おそらくは”恐怖”等を一切感じさせない精神を作り上げることで、どのような相手に対しても無心で対抗できるというもののようです。

実際にこのような戦術があったのかは不明。(調べても出てきませんでした。)

ただ、その盾兵のところに行くまでに兜や鎧までぶった切っているのに、急に盾が切れなくなるって言うのはちょっとおかしい感じもしますけどね…(笑

王翦が見つけた李牧戦術の糸口

田里弥が攻めあぐねていた共伯将軍の戦術。つまりは李牧の戦術。

客観視してみると、どうやら相手の戦術を先読みするものという感じがします。それに合わせて対策を練るものといった感じでしょうか。

今回のカイネの一言がキーポイントでしょう。

『想定以上の”武”に合わせ損ねただけだ』

ということから、おそらく敵の戦術に合わせて策を練るもの。

ただ、王翦の徒手空拳(戦略も何もない状態)での軍の更新はどのような意図が,,,

もしあるとするならば、最初の相手の布陣に対して、対策が練られるものだからあえて布陣しなかった…とかですかね。うーん、分からない(゜-゜)

おそらくこのまま前進したら雷伯軍に囲まれてやられる気もします。

王翦の武力

ちなみに、これまでのストーリーの中で王翦は一度も戦っていません。敵のせん滅はすべて部下にやらせて勝利しています。

ただ、以前に王賁に槍の持ち方を教えていたこと、そして今回も大きな鉾をぶらさげていたことからかなりの武力があるように感じます。

鉾をよく見ると、王騎の鉾に似ていますね。

戦略型タイプだと思っていましたが実は違った….?

どちらにせよ、来週もしくは再来週の号で今回の最後に現れた雷伯将軍が討たれそうですよね。

 

スポンサーリンク

おわりに

以上、キングダム第605話のネタバレや感想考察について記載してみました。

ネタバレということで文字で最新話を公開しましたが、キングダムはやはり絵で楽しむのが面白いかと思います。ぜひ、マンガが読めるサービスの方で楽しんでもらえればと思います!

 

コメントはこちら

  1. […] キングダム605話『王翦の読み』にて、倉央が”鶴翼”の布陣での攻撃を予想していました。 […]

キングダム

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました