ワンピース966話ネタバレ!水先星島とは?空島の黄金の鐘に古代文字を掘ったのは光月おでん!

ワンピース

週刊少年ジャンプ2020年4号ワンピース966話の内容が明らかになってきています。

今回の内容では、ようやく白ひげとロジャーの戦いが発生し、ゴールドロジャーと光月おでんが出会うところが描かれますね。

気になるのは、ポーネグリフが示す最後の島、水先星島の事や、ジャヤ(空島)の黄金の大鐘楼の事まで記載されている様子。

詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

ワンピース965話の振り返り”黒炭家の陰謀”

まずは!!

ワンピース966話のネタバレの前に、ワンピース965話を簡単に振り返っていきましょう。

 

ワンピース965話のタイトルは黒炭家の陰謀というものでした。

 

 

光月おでんと天月トキがイイ感じに

世界を旅して、光月おでんはワノ国がこれほどまでに小さいことを知ります。

 

そして、天月トキは自分の生まれた国を知らず、両親の故郷がワノ国であったことを語っていました。

そのため、トキはワノ国しか目指す場所が無いとのこと。

ただ、天月トキは光月おでんに対して『いいの!あなたと居ると目的地に着いた様な気持ちになるから』と話します。

 

 

光月おでんと天月トキに子供(モモの助)ができる

28年前、光月おでんがワノ国を出てから2年が経過したころ、

光月おでんと天月トキは子を授かり、子供の名前はモモの助と名付けられました。

 

モモの助の名前は『天下無敵』を表す言葉。

 

イゾウの心配

ワノ国から海外に出た光月おでんは白ひげの船に乗り、海外の島に到着しては暴れまくる日々。

光月おでんの懸賞金付きの手配書が出回り、海外では犯罪者となります。

 

天月トキやモモの助の事を想い、イゾウは帰還を促しますが、光月おでんはこれを拒否

その理由というのは、

『まだ答えが出てねぇんだ!』

というもの。

 

ワノ国は鎖国国家であることから、新聞からは一向にワノ国の情報は入ってきません。

 

 

光月おでんが二番隊隊長に就任。エースの前の欠番の理由

ある雪島にて、白ひげが隊長を作る提案をします。

その二番隊隊長に光月おでんが指名されます。

嫌な顔をしつつ、命令されしぶしぶ引き受ける光月おでん。

 

白ひげ海賊団の二番隊隊長と言えば、2年前にはエースの席でしたね。

白ひげ海賊団にエースが入った後、『長年2番隊隊長は欠番となっていた』とされていましたが、これは元々は光月おでんの席だったことが明らかになりました。

 

ティーチが白ひげ海賊団に

白ひげ海賊団の船には時々人が入るようになります。

その一人として、マーシャル・D・ティーチ、現在の四皇である黒ひげが白ひげ海賊団に入ります

 

涙目になりながら白ひげに頼み込み、服はツギハギだらけのボロボロで少し泣き顔。

この時から『ヤミヤミの実』の能力を狙って白ひげ海賊団に入ったのでしょうか。

 

 

光月スキヤキが危篤で倒れ、黒炭オロチが将軍代理に

ワノ国では、将軍であった光月スキヤキが危篤状態となっていました。

そこで、光月スキヤキの遺言としては、次期将軍は『おでんに継がせたい』としつつも、光月おでんが不在であることから、代理を立てることを提案します。

その人物が黒炭オロチ。

おでんが弟のようにかわいがったこの男…として紹介されました。

 

これによって、黒炭オロチが一気に将軍の権力を持つことに。

 

 黒炭オロチの黒炭家の汚名とは?

(回想)

ボロボロの社で寝泊まりしていた黒炭オロチの前に突然現れた老婆。

老婆はオロチの祖父が光月家に殺されたことを話します。

 

その実は、過去に光月家に子(世継ぎ)が生まれないことから、次期将軍はそれぞれの大名になる可能性があった。

その中でオロチの祖父は黒炭が暗躍し、他の大名に毒を盛り、根回しする。

しかし、あと一歩のところで、光月スキヤキが誕生した。

 

世継ぎが誕生した上、黒炭の計画はバレ、オロチの祖父は権力もろとも全てを失った。

そこから逆恨みが発生し、光月スキヤキがいなければお前も将軍になれた…と、老婆はオロチに吹聴します。

 

 老婆の能力はマネマネの実

そこで、これまで国外にいたと話す老婆は、自身のマネマネの実の能力を披露。

また、言う事を聞く代わりに、将軍になるための力を与えると言う。

そう言って差し出したのがヘビヘビの実”モデル”八岐大蛇。

 

 

そこから康イエや光月おでんから金を集め、武器を生産します。

また、老婆はマネマネの実の能力を使って光月おでんや光月スキヤキに変身し、根回しを続けます。

(回想終了)

 

ロジャーと白ひげの接触

この時点で光月おでんがワノ国を出て4年目。

ある島にて、白ひげ海賊団はロジャー海賊団と出会うことに。

 

ある島は荒れ、魚や猛獣は逃げ惑う。

モモの助や日和まで泣き出す始末。

 

島ではロジャーが海軍の隊員を返り討ちにしていました。

すると、まだ幼き頃のバギーが白ひげの船が見えたことを告げる。

 

白ひげとの再会に、どこかロジャーは嬉しそう。

 

ロジャーは

よ~~~~し、

いっちょやるか!生きててこその殺し合い!

おれももう寿命が近い!

お前と会うのも最後かもしれねぇな、”白ひげ”!

 

と、自らの寿命が近いことを認識しつつ、白ひげと対峙する。

 

 

スポンサーリンク

ワンピース966話ネタバレ!

それでは、ここからワンピース966話のネタバレについて記載していきます。

光月おでんが暴れるがロジャーに止められる

島に到着するや否や、光月おでんは真っ先にロジャーらの元に走り出す。

おでん二刀流…飛竜頭(がんもどき)!!

 

おでんの一撃によってロジャー海賊団の戦闘員を蹴散らす。

ロジャー海賊団の戦闘員といえど、やはり光月おでんには歯が立たない。

 

光月おでんの猛進にレイリーとスコッパーギャバンが立ちはだかる。

ギャバン『早めに止めるかレイリー?』

レイリー『そうしよう』

 

しかし、それを笑いながら制止するのはロジャー。

君たちにケガをさせるわけにいかんと言いながら前に出る。

レイリーは『戦りてェだけだろ』と呆れ顔。

 

光月おでんもそれに反応し、『獣の匂い!』と笑う。

しかし、ロジャーの第一撃は光月おでんを吹き飛ばすものだった。

『神避(かむさり)!!』

ロジャーの刀から覇王色の覇気を帯びた衝撃波が光月おでんの腹部を直撃する。

 

白ひげとロジャーの対決

光月おでんは吹き飛ばされ、多くの木々をなぎ倒した後でようやく停止した。

それほどまでに吹き飛ばされたのは光月おでんといえど、久しぶりの経験だろう。

 

とはいえ、すぐに立ち上がり、ロジャーの元へダッシュ!

 

しかしそこには既に、覇王色の覇気を纏った鉾をを振り上げたロジャーと白ひげがいた。

 

ガン!!!!

 

覇王色の覇気の衝突は当然ながら、驚くべきは両者の愛刀はそれぞれ触れてすらいなかった。

『触れてねェ!!』

光月おでんはいつもの笑いすら失い、思わず声に出てしまった。

しかし、ロジャーと白ひげはそれぞれ笑いながら、戦闘を楽しんでいた。

 

覇王色の覇気の衝突は島を越えて広がり、突風を巻き起こす

 

『元気そうだな、ロジャー。』

『何年ぶりの再会だ?ニューゲート。』

『『お前が持っているモノを全てよこせ!』』

 

その言葉が始まりとして、黒ひげ海賊団とロジャー海賊団の戦闘が始まるーー

 

二つの海賊団の戦闘は三日三晩続いた。

 

白ひげ海賊団とロジャー海賊団の4日目

4日目にして、ようやく戦闘態勢が解かれ、それぞれの船員は宝の交換を行っていた。

昨日までの戦闘がウソのように、

それぞれの海賊団は打ち解け、宝を交換し、酒を飲み交わす。

 

しかし、そんな中で難しい顔をしている二組があった

 

『あいつら見習いか?』

そうマルコに聞くのは、幼き頃の帽子をかぶったティーチ。

ティーチが見据えるのは、幼き頃のシャンクスとバギーだ。

二人とも腕を組んでいる。

 

ああ、昔からいる。

強そうには見ぇねェが….態度は一人前だよい

 

一方でバギーとシャンクスも話していた

 

シャンクス、あの帽子かぶった奴いるだろ

うん。

あいつ、昨日もその前も夜の間寝てないらしいぞ

生まれてこの方一度も眠った事がねェんだとよ

え?そんな人間いるのか!?いいなー!

 

人の倍の人生を生きているのがティーチとされていたが、

その理由は眠らないことだった。

これで、ますますマーシャル・D・ティーチのケルベロス説が濃厚に…

 

 

水先星島(ロードスターとう)

お前これが読めるのか!?

 

光月おでんが古代文字を読めることに驚くロジャー。

 

ああ、できる。これを翻訳するとだな….

しかし、なんでこんなものを転写したんだ?

 

ロジャーの持っていたポーネグリフの写しを見て、光月おでんは首をかしげる。

古代文字は、ワノ国の光月家が生まれてから何年も何年も解読方法を受け継がれてきたものだと光月おでんは言う。

 

 

落ち着いた白ひげと光月おでんを相手に、ゴールドロジャーはロードポーネグリフについて話した。

 

ロジャーは13年も前に、誰も到達できなかった『記録指針(ログポース)』の最終地点、水先星島(ロードスターとう)に遂に行きついた。

 

しかし、それでも『記録指針(ログポース)』は次の島に導かなかった。

3つの指針はそれぞれ回転し、バラバラの方角を示す。

 

そして、ロジャーは最後の一つの島があると確信した。

世界一周を果たすために、到達する必要のある島があると。

 

そしてたどり着いたのは『真の歴史の本文(ロード・ポーネグリフ)』

赤い4つの石が指し示す先に『ラフテル』が存在するとした。

 

ロジャー曰く、昔から世界政府が読むことを禁じていたポーネグリフは

ただの文化遺産かと思っていたが、自分達『海賊』に必要な地図であったことを話す。

 

最後の島に政府が『行くな』っつってんだ!真実性は増す!

辿り着けば、名実共におれ達は世界一の海賊団だ!

 

実力ではロジャー、白ひげ、カイドウ、ビッグマム、金獅子…

多数の実力者がいるが、誰が世界一か?というのを決めるのは難しい。

 

そのため、最後の島にたどり着いた者が世界一の海賊団と言えるのでしょう。

 

その通り!そして俺はだな….

ロジャーは自らの計画を白ひげと光月おでんに話す。

 

ロジャーの計画

グララララ!なんてこった!子供みてぇだな!

嬉しそうに話すロジャーと、それを面白がる白ひげ。

 

しかし、光月おでんはその話を聞き、言葉を失っていた。

驚愕し、動くことすらできなかった。

 

そして、急にロジャーは真面目な顔をして白髭に頼み込む。

光月おでんを1年貸してくれニューゲート!

俺の最後の頼みだ!

ロジャーは光月おでんがいれば、最後の島へ到達できると断言する。

 

なぜおまえが俺の道を決める!…と半ば驚きながら話すが、

ロジャーは驚きの行動に出る。

 

土下座し、頭を地に付け、1年間だけついてきてほしいと懇願した。

スコッパーギャバンらは相手に頭を下げるキャプテンに驚き、制止したが、ロジャーは土下座を止める気はない。

 

その頼みは白ひげの逆鱗に触れる

当然だ。白ひげは仲間を自分の家族のように思っている。

その家族を仲が良いとはいえ、敵に差し出すことなどあるはずが無い。

 

同時に、グラグラの実の能力によって島の周囲の海が裂ける

 

 

 

光月おでんはロジャーの船へ

隠そうとしたが、光月おでんは自身の血が震えるのを感じた。

また、気になってしまったのだ。

ポーネグリフが光月家とどのような関係があるのか。

 

この3人の出会いは偶然なのだろうか?

そう思った時には、既に答えは出ていた。

光月おでんも白ひげに頼み込む。

 

白ひげは嫌そうだ….

当然、他の白ひげ海賊団のクルーからも罵声が飛んできた。

 

この時、イゾウ・ネコマムシ・イヌアラシは

白ひげの船に残ったようだ。

 

その時、ロジャーは船にあった、全財産の宝石や荷物を置いていった。

白ひげは当然激怒し、挨拶さえしなかった。

しかし、マルコやイゾウらの仲間たちは手を振って光月おでんの出航を見送った。

 

しかし、光月おでんの海賊としての第二幕である

新しい冒険が始まった。

 

白吉っちゃんも偉大だが

ロジャーもまた計り知れねェ!!おれは運がいい!

 

そうして、ロジャーの船に乗り込んだ光月おでん。

当然、天月トキも一緒だったが….

 

どうやらスパイが見つかったようだ。

イヌアラシ・ネコマムシだった。

 

ロジャーの命令によって、ロジャー海賊団に仲間入りした光月おでんだったが、

最初はまともにクルーからは歓迎されなかった。

 

….が、

光月おでんが人に好かれる性格なのはワノ国にいた頃からのもの。

数日後には、おでんを囲み、ロジャー海賊団のクルーの中心でどんちゃん騒ぎする光月おでんの姿があった。

 

しかし、そこにクロッカスの姿が。

お前の寿命はざっと….1年は生きられるだろう

はぁ!???

これが俺が急いでいる理由だ!

 

ロジャーの寿命は残り1年に迫っていた。

 

 

ロジャーと光月おでんは空島へ

光月おでんを乗せたゴールドロジャーの船は

まだガン・フォールを神としていた頃の空島(アッパーヤード)へとたどり着いた。

 

その手段は当然ノックアップストリームを使った登り方だった。

 

そして、まだ誰も見つけることのできなかった黄金の大鐘楼を発見する。

 

おでん『ポセイドンって兵器の事が書いてある』

ロジャー『こう彫ってくれ!我ここに至り、この文を最果てへと導く』

 

光月おでんは言われたとおりに

ポーネグリフの端に古代文字を掘る。

 

見せてもらうぞ、ロジャー

お前の生涯をかけた大冒険の最終章!

 

スポンサーリンク

ワンピース966話の考察

今回の注目ポイントについて記載していきます。

まだワノ国で何かを習ったような描写はありませんが、

ロジャーも白ひげも、両者ともに流楼の使い手であることが明らかになりました。

 

刀に覇気を纏わせて、相手に触れずに戦うことが今後の戦闘スタイルになっていくのか…

また、現在の時代にて、流楼をどれだけの人物が使いこなしているのかも気になりますね。

(海軍の戦桃丸、そして、九蛇海賊団は流楼を使っていましたね。)

 

そして、ログポースの指針の先にある島が水先星島であることが明らかになりました。

水先星島ってなんだか惑星のような島の名前デスネ。

しかし結局は以前あったように、ロードポーネグリフ4つが示す先にラフテルがあるということになるようです。

 

また、ここに来て空島の話を回収してくるとは…(笑

あの文字を扱えたことも不明でしたが、あのメッセージは光月おでんが彫っていたんですね。

ロジャーの能力は万物の声を聞ける..ということでしたが、その能力を使って文字を扱えるようになったのかと思っていました。

ロジャーもルフィと同様に、万能では無い様子。

人に好かれる力が強いのかもしれません。

 

スポンサーリンク

ワンピース967話の予想や考察

次回は年明けですが、どうやら巻頭カラーの様子。

光月おでんが海外へ飛び出し、ようやく答えとなる”何か”が見つかるのかもしれません。

 

以前に光月おでんが語っていた『未来を待つとしよう』

この”未来”が何なのかが分かるかもしれませんね。

 

コメントはこちら

ワンピース

マンガの最新刊・最新話が無料で読み放題のおすすめサイトまとめ

U-next(月額課金サービス)

国内で最大級の動画配信サービス

月額1990円。無用登録時に600ポイント付与。ポイントを使ってすぐにマンガを読むことができる。
気に入らなけれ、無料登録機関中に解約すれば違約金なし。

毎月1200ポイントが必ず付与され、そのポイントを使ってマンガが読める

ドラマ・映画・バラエティの動画サービスも充実

music.jp(月額課金サービス)

月額1780円
登録後の30日間は無料視聴キャンペーン
無料登録で961ポイントが付与され、マンガを読む時に使える
翌月以降は合計4922ポイントが付与される

music.jpは主に動画や電子書籍に力を入れているサービス。
ポイントの量が多く、圧倒的なお得感ですね。

FOD(月額課金サービス)

月額888円(税別)
Amazonアカウントで登録すると1か月無料
1か月で1300ポイントがもらえる
電子書籍の購入時には20%ポイント還元
100誌近い雑誌が読み放題

バズマンガplus
タイトルとURLをコピーしました